-設立趣意-
     
    楽しい高齢化社会を生き抜く鍵は、食生活(食物成分摂取の工夫と咀嚼)にあると
   思います。ヒトは毎日食物や飲料を摂取して生命を維持しており、食物因子の消化管に
   おける制御が重要なことは、言うまでもありません。
    消化管は、口腔から咽頭、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸を経て肛門に至る管状
   器官です。食物因子を糖鎖科学、免疫学、脳・神経学、内分泌学、細菌学、抗酸化学、
   栄養学、中国医学等の分野から研究し、臨床に応用することが、楽しい高齢化社会を
   過ごすことに貢献できる方法と思います。
 
                                 平成18年9月吉日
 
設立発起人
日本ホリスティック医学協会会長  医学博士  帯津 良一
東京大学農学部名誉教授      農学博士  光岡 知足
富山医科薬科大学(現富山大学)  名誉教授  田澤 賢次
           事務局長  農学博士  前田 浩明
 









 トップ設立趣意役員ご紹介啓発活動|学術集会海外研修入会のご案内入会申込書お問合せ
 推奨製品についてJAFCAR LETTERサイトマップ個人情報保護方針
 NPO法人 日本臨床食物機能研究会 事務局:東京都中央区日本橋3-2-3